不動産の競売回避する方法として知られる任意売却とは?

住宅ローンを滞納し、金融機関からの督促も放置し続けると、住宅は金融機関による申し立てにより、競売にかけられてしまいます。競売にかけられた住宅は安価な金額で取り引きされるため、何としてでも競売は回避しなければなりません。

では、このような状況に陥った場合はどうすればよいのでしょうか? このような競売回避する方法としては、住宅の任意売却が考えられます。住宅をローンで購入した場合、金融機関はその住宅に抵当権を設定します。抵当権がある状態では住宅は勝手に売却できませんので、売却するためにはその抵当権を解除してもらわなければなりません。

任意売却とは、金融機関(抵当者)と抵当権を外してもらうように交渉し、不動産を売却処分する方法のことをいいます。任意売却された不動産は、一般の市場価値で取引されますので、本人のみならず金融機関にとっても大きなメリットとなります。

とはいえ、金融機関との任意売却の交渉は、ローンが完済されない時点でかなりのマイナスを抱えることになりますので、条件面で折り合いがつかないことが多々あります。任意売却交渉は、法律のプロに仲介に入って頂く方が望ましいでしょう。

不動産競売・住宅ローン滞納でお悩みの方向け≪お役立ちサイト≫

ランキング1位
全国個人再生支援機構 お任せ任売ナビ
競売を取り下げてもらい、任意売却をするのには専門家に相談する必要があります。お任せ任売ナビでは、不動産のプロだけでなく、法律にも詳しい専門家が連携をとり、住宅ローンの問題解決に当たってくれます。
街角法律相談所 借金減額シミュレーター
住宅ローンの他にも、カードローンや消費者金融からの借り入れがあり、返済でお困りの方はこちら。借金の減額やマイホームを維持しながら債務整理ができる方法など、あなたに合った借金返済の方法が分かります。
ランキング2位
日本法規情報 相談窓口案内サービス
住宅ローンや不動産の悩みに加えて、離婚・親権 父親・名義変更など複数のトラブルが同時に絡んでいると、一体どこに相談したら良いのか悩みますよね。そんな時には、無料の相談窓口案内サービスが便利です。要望を確認した上で、相談事に最適な法律事務所を無料案内してくれます。